TOP

お申込の流れ

フラット35のお申込からご融資までの流れをご説明します。

01事前審査申込み

1日~2日
本審査の前に取扱窓口の金融機関にて、借入条件や返済能力などの簡単な審査を申込みます。 すでに車などのローンを組んでいたり自己資金が少ない場合など、審査基準に抵触しそうな場合でも、不安なくお申し込みいただけるように、事前に当社スタッフが詳しくご説明いたします。

※事前審査を省略して本審査から始めることも可能です。

お申込時に必要なもの
免許証・保険証等の身分証、ご印鑑、収入証明(源泉徴収票、課税証明書等)

02本審査申込み

4~5営業日前後
フラット35の融資元である行政法人住宅金融支援機構へ本審査を申込みます。
本審査のお申込みは物件の売買契約後にそのまま不動産会社で行うことが多くありますが、当社スタッフが同行してローンについて詳しくご説明した上で、お申込することも可能です。

※通常は物件の売買契約後のお申し込みとなりますが、売買契約前でもお申込み、審査が可能です。

お申込時に必要なもの
免許証・保険証等の身分証、ご実印、収入証明(源泉徴収票、課税証明書等)住民票等

必要書類の詳細はコチラ

03適合証明書取得

フラット35のご利用には、購入する住宅が住宅金融支援機構が定める独自の技術基準に適合していることを証明する適合証明書の交付を受けることが必要です。
住宅金融支援機構が定めた適合証明機関へ調査を依頼して適合証明書の交付を受けます。
中古物件の場合は当社提携の適合証明機関をご紹介可能です。

証明書取得に必要なもの
調査費用5万~8万

※建物によって調査費用が変動します。

04金銭消費貸借契約

金消契約と呼ばれるもので、金融機関とローンの契約を取り交わす、いわゆるローン契約です。 実効金利、返済年数、毎月のお支払い額等、借り入れ内容についての詳細をお客様へご説明します。 抵当権設定関係の書類も同時に交わします。
ここまでくれば後は融資の日を待つだけです。

ご契約時に必要なもの
印鑑証明書、住民票、ご実印、身分証、適合証明書、その他融資条件書類

05融資の実行

金消契約から中5営業日
司法書士立ち合いのもと所有権移転の準備が整い次第、融資の実行となります。
金消契約から中5営業日で融資の実行が可能です。

※通常は物件の売買契約後のお申し込みとなりますが、売買契約前でもお申込み、審査が可能です。

お申込の流れについて不明な点などございましたら、下記ページより気軽にお問い合わせください。

お問合わせはコチラ